6/12(日) 木製建具に蜜蝋塗装ワークショップ in 旧八女郡役所

2015年7月より改修工事を始めた旧八女郡役所の外部改修を再開します。今回は、新しく取り付けた木製建具に蜜蝋(みつろう)を塗布します。
蜜蝋は、木目に自然な艶を与え、木の表面に皮膜を作ります。それによって、防水効果や汚れ防止に優れたワックス効果が得られます。耐久性や乳化性に加えて防湿に優れた特性を持っています。一緒に塗ってくださる方を募集します。

<ワークショップ概要>
日時:6月12日(日)9:00〜(午前中に終了予定)
場所:旧八女郡役所(八女市本町2-105)
*事前申込不要、現地集合、雨天決行
*汚れても良い格好でお越しください。

13394208_511898685664821_9107944790032220769_n塗装予定の木製建具(旧八女郡役所 内部)

qa hassui蜜蝋 塗装前と塗装後(イメージ)

SANYO DIGITAL CAMERA
蜜蝋ワックス(製品の事例)

IMG_1703
旧八女郡役所 外観

【移住者支援シェアハウスの住人(23,000円/月)を募集中!】

福岡移住計画さんの記事に、NPOが市より借りて運営している「つどいの家」を掲載いただきました。
この物件、空き家だったこともあり、痛んでいる箇所や内装などを、みんなでDIYリノベしながら運営をはじめています。

NPO八女空き家再生スイッチでは、簡易宿所の「川のじ」を運営していて遠方のお客様にご利用いただいていますが、長期的に八女に滞在したい、移住前のお試し居住できる場所があるといいな、というニーズに応えるかたちで、移住者の方を支援する取組みを行うことになりました。

ご関心・ご質問のある方は、info@yame-machiya.netまでご連絡ください。

『福岡移住不動産VOL.14』【八女】昔の町並み残る八女市福島でシェアする暮らし。 地域へ飛び込む足がかりへ。家賃2万3千円

IMG_1926

IMG_1472

八女福島の町並み 修理・修景事業見学会 ご案内

昨年度に改修された町家等の修理・修景事業見学会を開催します。普段は見れない内部見学、職人による説明もありますので、この機会にぜひご参加下さい。

日時:平成28年6月5日(日)10:00〜
集合場所:八女伝統工芸館 北側(八女市本町2-123-2)
*事前申込は不要です。

<主催:八女福島町並み保存会>

チラシPDFデータはこちら

Print

これからの八女福島を語る パネルディスカッション開催

八女ふるさと塾主催のパネルディスカッションのご案内です。
「これからの八女福島を語る ~町並み保存活用の現場とその手法~」

日時:平成28年6月5日(日)15:00〜17:30
場所:福島八幡宮 儀式殿
参加費無料、定員50名

第1部 基調講演
北島力(NPO八女町家再生応援団 副代表)
「八女福島20年の軌跡 実践から見えてきたもの」

第2部 パネルディスカッション
パネリスト 北島力(前掲)
パネリスト 中島孝行(八女ふるさと塾代表世話人/NPO八女町並みデザイン研究会 理事長)
コーディネーター 中島宏典(NPO八女空き家再生スイッチ 事務局長/八女市地域おこし協力隊)

チラシPDFデータはこちら

A4たて_20160605furusato-01

3/13(日)テラコヤノミノイチが開催されました。

2016年3月13日(日)に八女福島・重要伝統的建造物群保存地区の町並みにおいて「4th テラコヤノミノイチ」が開催されました。

今回は4回目の実施となり、これまで開催した3回(2012年、2013年、2014年)は地区内の一部で実施しましたが、今回は開催場所を拡大して、初めて町並み保存地区内の全域を対象にした企画となりました。

当日は、地区内の社寺境内や空き地・空き家を活用し、県内外より古道具屋・雑貨屋・作家・カフェ・パン屋・お菓子販売等の参加者を約120店舗招いて、蚤の市が行われ、大変賑やかな人通りとなりました。
DSCN9763

DSCN9770

DSCN9793

_DSC7072

 

_DSC7171

_DSC7085

〜 開 催 概 要 〜

【開催日時】2016年3月13日(日)9:00〜16:00
<food>10:00〜15:00
【内容】「蚤の市」「ワークショップ」などの開催
【出店者】福岡県内外より約120店舗(雑貨、作家、フルイモノ、カフェ、パン屋など)
【開催場所】明永寺、無量寿院、福島八幡宮、正福寺駐車場、ほか
【主催】ao cafe(テラコヤノミノイチ実行委員会)
【共催】八女福島町並み保存会 【後援】八女市