カテゴリー
メディア情報 日々のこと 資料

八女福島の町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けて、今年で10周年。

1993年に町並み保存活動が始まり、2002年5月に国の選定を受けて今年で10周年を迎え、西日本新聞の筑後版に連載記事が掲載されましたので、お知らせします。

カテゴリー
まちづくり 資料

第34回 全国伝統的建造物群保存地区協議会総会研修会

2012年5月に全国伝統的建造物群保存地区協議会総会研修会が八女市で開催されました。

地区の長い歴史や生活文化を凝縮して残っている集落や町並みを、後世に伝え残していくためにの国の制度が、伝統的建造物群保存地区制度です。この制度を導入している全国の市町村の首長・職員や住民が集まり、町並保存継承を推進する中で、直面している課題等について、熱い議論を行いました。

1. 事例発表会

2. パネルディスカッション

3. 住民第1分科会

4. 住民第2分科会

5. 住民第3分科会

カテゴリー
まちづくり 資料

―文化遺産を活用した景観まちづくりの展開―講演録、 北前船の郷の北陸三国湊にて

1月14日福井県坂井市三国町で町並み保存の講演をした時のテープお越しの原稿です。

ご参考になればと思い公開します。

pdf形式4.3MB

カテゴリー
まちづくり 資料

「牛島家(旧寺崎家)」建築調査報告書

NPO法人 八女文化振興機構より、「牛島家(旧寺崎家)」に関する建築調査報告書を公開致します。

牛島家(旧寺崎家)建築調査報告書

カテゴリー
イベント

ぼんぼりまつりでの町家公開

八女町家再生応援団は、町家暮らしの魅力を知ってもらうため、
町並みでイベントがあるときは応援団の会員が借りて住んでいる町家を公開しています。


NewImage

今回の「雛の里・八女ぼんぼりまつり」では最終日の一日だけの公開でしたが、
八女市役所の職員サークル「茶々部」の皆さんに八女茶喫茶をしてもらいました。



ちょうど「和服でめぐる八女のまち」というイベントの日だったので、
着物を着たお客様が多く、お座敷で箱雛を眺めながら玉露をゆっくり味っていただきました。


NewImage


ゆっくりできるお客様には、丸林本家の修理前後の写真を見てもらいながら、
町家の改修や保存について紹介しました。


NewImage