カテゴリー
イベント

八女市横町町家交流館12月の企画展

ボタニカルアート友原桂子作品展と八女の花名所写真展

 

ボタニカルアート(植物学的絵画)は、欧州で十五世紀頃から発達し愛好されてきた絵画です。当初は薬草採取のため描かれました。多様なスタイルがありますが、科学的正確さを最重要視し、かつ、細密、芸術的に表現。白地の紙に背景を描かず、実寸通りに描くのが一般的です。優雅で繊細な草花の肖像画の数々をご覧ください。

 

植物絵画展に合わせて、特大のパノラマ写真などで八女地方の花名所を紹介。梅、桜、藤、彼岸花、ダリア、秋桜など、自然の恵みを受けて四季折々に咲き誇る草木の幽玄美を楽しんでください。

 

期間:11月29日(火)~12月25日(日)
会場:八女市横町町家交流館
(八女市本町94番地)
問い合わせ:同館
(℡23‐4311)

 

カテゴリー
まちづくり 旧八女郡役所の再生 資料

「旧八女郡役所」に関する調査及び保存再生計画

NPO法人 八女文化振興機構より、「旧 八女郡役所」に関する調査及び保存再生計画に関する資料を公開致します。

旧八女郡役所の歴史的建造物の学術調査

カテゴリー
イベント

八女市横町町家交流館10月の企画展

「藍の香り展」として來民文庫コレクションの中から厳選した藍染を展示しています。

1110藍の香り展1 2

吉岡威夫さん(熊本県山鹿市)が開設した來民文庫には江戸時代から昭和初期にかけての藍染の古布や仕事着1万点が収集されています。

1110藍の香り展1 1

藍染のデザイン図録を作成した277枚の中から風呂敷・暖簾・油単(婚礼用具の箪笥・長持の塵除け、日除けのための被い布)の「筒描」を中心に「久留米絣」、「絵絣」、「型染」、「縞・格子」などを展示。豊かな手織りの古布や仕事着を通して、美しい藍染の世界をご覧ください。

 

期間  平成23年10月30日(日)まで 10:00~17:00
場所  八女市横町町家交流館 TEL: 0943-23-4311

カテゴリー
イベント

福島八幡宮放生会 あかりとちゃっぽんぽん

DSC_9163.JPG

燈籠人形による上演が行われました。
連休3日間はお天気にも恵まれ無事に全ての公演が終了。

お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。
また来年をお楽しみに。

カテゴリー
イベント

白壁ギャラリー2011

八女福島白壁ギャラリー2011

「白壁ギャラリー」は、年に一度、八女福島の受け継いできた住まいや仕事などに触れて欲しいと住人が集まってはじめた町の発表会、昔から続くもの、新しく生まれたものを普段の雰囲気をそのままにご紹介する小さなおまつりです。

詳しくはこちらのブログへ。
http://yame1030.blog68.fc2.com/